塩ビ (ポリ塩化ビニル・PVC)とは

【軟質-半硬質-硬質 3種類あるポリ塩化ビニルPVC】

略称PVC(英称:Polyvinyl Chloride 中国:氯乙烯)は、塩化ビニル (クロロエチレン)の重合反応で得られる高分子化合物で、熱により軟化する為、熱可塑性樹脂に分類されます。

塩ビ、ビニール等と呼ばれ、軟質はソフトビニール(Soft Vinyl)とも呼ばれます。

元になる塩化ビニルモノマーを重合させただけの樹脂は硬くて脆く、結晶質で、紫外線により塩素原子が離脱し劣化黄変し易い弱点が有り、この弱点を克服して広く工業用途に使用出来る様な製法を施すことでポリ塩化ビニルとなります。 柔らかくする目的で、PVCを柔らかくする働きの有る添加剤(可塑剤)を加えて配合します。

可塑剤はフタル酸エステル等が有り、添加量によりポリ塩化ビニルは軟質・半硬質・硬質と大別されます。

【塩ビ(ポリ塩化ビニル・PVC)の特徴】












塩ビ(ポリ塩化ビニル・PVC)とは、優れた耐水性・耐酸性・耐アルカリ性・耐溶剤性を持ち、また、難燃性、電気絶縁性です。

このような優れた物性を持ちながら、安価です。

組成の60%が工業塩から得られる塩素で有る為、原油依存度が低く省資源であることも特徴です。

基本的に高耐久だが低温環境で衝撃値が低下し脆くなる性質が有り、比重は1.3程度、熱伝導率が小さく線膨張係数が大きいです。

【塩ビ(ポリ塩化ビニル・PVC)用途】

  • 資材的、上下水道管用パイプ、電線被覆、雨どい、サッシ、床材、壁紙、農業用資材(農ビ等)、3Dプリンター材、ビニールレザー、ターポリン

  • 加工品、自動車内外装品、ホース、防水シート、ビニールハウス、包装材、医療用パック、輸血チューブ、カテーテル

  • 装飾付、バッグ、ポーチ、ケース、テーブルクロス、カッパ、ラップ、ブックカバー、縄跳び、バブルサッカーボール


塩ビ(ポリ塩化ビニル・PVC)とは、樹脂の中でも、軟質から硬質までバラエティに富み、汎用性が高く、ポリエチレンPEやポリプロピレンPPと同様、幅広い分野で活躍してます。