RoHS対象製品カテゴリーとは

改正以降、2019年にはカテゴリー別に電気・電子機器全体に拡大、2021年には対外診断医療機器、産業用監視制御機器も規制対象となり、対象が段階的に増えてます。


家庭用電気製品、IT及び遠隔通信機器、民生機器、照明、電動工具、玩具、レジャー、スポーツ機器、医療用機器、監視及び制御機器、自動販売機、その他の電機・電子機器で展開されてます。