EVA樹脂の種類と用途とは

【EVA樹脂の種類とEVA素材の用途】

EVAの酢酸ビニルVAの含有量と材料の使い方により名称が区別されてます。























<<VA含有が低い~4%位>>

  • 酢酸ビニル修飾ポリエチレンと呼ばれ、低密度ポリエチレンに似た性質

<<VA中程度5%~35%位>>

  • 熱可塑性エチレン酢酸ビニルと呼ばれ、熱可塑性エラストマー(ゴム)低温特性が有り、含有量が高いと、可塑化ポリ塩化ビニルと似た性質を持つ約11%のVAを含むものは耐水性のホットメルト接着剤に使用されます

<<VA含有が高い60%以上>>

  • エチレン酢酸ビニルゴムと呼ばれます

 

酢酸ビニルVAの含有により、柔軟性を持つゴムの様な材料で、低温でも弾性が有り、透明性、耐候性、独特な酢の様な匂い、など特徴を持ち、ゴムやビニルの代わりに用いられます。




















<<EVA樹脂の用途>>

聞き慣れないEVA樹脂ですが、バスマットやジョイントマット、バッグやポーチ、クロックサンダル等、身近で見られます。