難易度が高い箔押し <PVC透明フィルムへの箔押し>

PVC透明フィルムへの箔押しは、難易度が高いです。 今回ある案件の中で、いろいろな問題が出ていい経験になりました。

PVC透明フィルムへの箔押しは、温度、時間及び箔紙の品質に影響を受けます。

まず温度です。今回は、約100度が一番状態が安定していました。

温度が100度以上の場合、 箔紙が縮み破れやすくなりました。

100度以下の場合は、 接着が不十分でテープテストで取れてしまいました。

箔押し時間も重要です。今回はいろいろテストしてみた結果、 3~4秒の時間が一番安定していました。 時間が長いと、箔紙が破れてしまいました。 時間が短いと、接着しませんでした。 温度も箔押しの時間も、箔紙と生地の種類によって微妙な調整が必要になります。





☆・~・☆・~・☆・~・☆商品紹介☆・~・☆・~・☆・~・☆

「コイル付きパスケース」

表層素材をPVC, PUレザー, ポリエステル等よりお選び頂けます。

印刷方法もオフセット,インクジェット,シルク,転写等より お選び頂け、

コイルの種類も選択可能です。

詳しくはこちら⇒http://www.fukueisangyo.co.jp/coilpasscase


☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆

福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。積もり、ご相談お気軽にどうぞ! http://www.fukueisangyo.co.jp/

福榮産業HP http://fukuei.jp/index.html

中国工場紹介サイト https://www.cf-navi.fukueisangyo.co.jp/