費用のかかる校正と費用のかからない校正 <ソフトPVC製品で起きたこと>

印刷データが入稿されたり、商品のサイズなどが指示された後は、

印刷校正や形状校正がされることがあります。

特にキャラクターやロゴを印刷する際は必ず校正作業を行います。

お客様が指示した色通り表現されているかを確認する作業で、

1~2回行われることが多いです。

あくまでも確認作業なので費用がかからないのが一般的ですが、

中には事前に校正費用が別途かかる際もありその時は事前に

お客様にお知らせいたします。

難しいのは、校正時に全く違う色を指定されたり、

形状を少し変更したりされた時です。

その時は工場では、インク代や金型変更代などがかかる場合があり、

その費用負担をどうするか、納期が遅れる可能性も出て

ちょっとした問題になることもあります。

費用がかかる場合があることをお客様にも事前にお伝えして

お互い合意の上で費用がかかる校正の場合も気持ち良く仕事がしたいものです。


☆・~・☆・~・☆・~・☆商品紹介☆・~・☆・~・☆・~・☆ 「防水ショルダーバッグ」 外側の縫製部分はウェルダー加工、止水ファスナーを使用し完全防水仕様です。 底はキズによる水漏れを防ぐために二重底になっています。 水に敏感な精密機械の輸送にも効果を発揮! ショルダータイプのファッショナブルなデザインです。 詳しくはこちら⇒http://www.fukueisangyo.co.jp/waterproofshoulderbag ☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆ 福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。 お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ! http://www.fukueisangyo.co.jp/

福榮産業HP http://fukuei.jp/index.html 中国工場紹介サイト https://www.cf-navi.fukueisangyo.co.jp/