粘着加工とは  Adhesion Processing

様々な材料に粘着剤を塗布し剥離紙と合わせシール状・テープ状にする加工です。

テープ等幅の狭い製品にするために粘着後にスリット加工出来る工場が多いです。


物と物がくっつく為には分子レベルで近付くことが必要とされてますが、個体表面のには分子レベルで見ると凸凹が有りいくら個体と個体を近付けてもくっつきません。

例として、2枚のガラス板の間に1滴の水を垂らすと貼付く現象は水が表面の凸凹を埋め『濡れた状態』となる為です。水・液体は乾燥したり流れてしまい不安定ですが粘着剤がこの『濡れた状態:』を保つ役割になります。