生分解性プラスチックの種類と用途とは

主な種類は、微生物産生系、天然物系、化学合成系、が有り、1980年代末以降、シャンプーボトル、食品包装、ゴミ袋、工事用資材、等に利用されてます。


環境分解性でも中には海洋で分解されない物質もあり、海洋で分解される性質を持つ海洋生分解性プラスチックも開発されてます。