生分解性プラスチックとバイオマスプラスチックとは

生分解性プラスチックが製品化後の機能に焦点を当ててるのに対し、バイオマスプラスチックは製造原料の資源の種類によって規定されます。


石油系プラスチックの中には生分解性のものもある一方、バイオマス系の中に非生分解性のものもあり、両者が合致するものではございませんが、合わせてバイオプラスチックと呼ばれ、循環型社会に適合する素材として関心を集めてます。