生分解性プラスチックとは biodegradable plastic

使用する時には従来のプラスチック同様の性状と機能を維持しつつ、使用後は自然界の微生物、バクテリア、菌類、その他の生物の作用によって生分解され、最終的には水H2Oと二酸化炭素CO2に分解され自然に還る循環型の性質を有するプラスチックを呼びます。


1989年生分解性プラスチック協会より、自然界において微生物が関与して環境に悪影響を与えない低分子化合物に分解されるプラスチックと定義されたが、表現が曖昧であり、1993年アナポリスサミットで、生分解性材料とは、微生物によって消費分解され、自然的副産物(炭酸ガス、メタン、水、バイオマス)などのみを生じるものと、定義されました。


認証基準としては、日本バイオプラスチック協会では、3カ月で6割以上が分解、ヨーロッパでは、2年以内に9割以上が分解、地域差が有りますが、投棄された場合、半永久的に残る従来プラスチックに比べ、自然環境への負担が少なく、期待されてます。