物性<樹脂と温度変化について2.>

個体の持つ物性:線膨張係数 ※1℃あたりに変化する割合として線膨張係数(線膨張率)と呼ばれる熱的性質です。

温度変化に伴う、長さの変化や体積の変化の割合を示すことで熱膨張率ですが、 長さの変化を表したものを線膨張係数(線膨張率)、 体積の変化を表したものを体積膨張率と呼びます。 一般的には、線膨張係数で示すことが多い様です。 JIS規格では、毎度ケルビン(/K)、毎度℃(10-6/℃)と呼ばれます。


樹脂にも鉄にも身近にある個体全てが持つ物性なのですが、 材質によってその割合が異なり、汎用樹脂では鉄に比べて 1桁ほど大きい寸法変化が見込まれます。 例:(10-6/℃) ⇒ (10-5/℃) と表記が異なることもあります。


注)この線膨張係数は、常に一定の数値ではない為、或る温度範囲の平均値で表しているとのことです。 但し、温度範囲が広くなり過ぎると乖離(かいり)・温度の幅が大きく成る為、 素材毎のガラス転移温度(分子構造が変化し柔く、また硬くなる変移点)で分けて 設定する場合も有る様です。

☆・~・☆・~・☆・~・☆商品紹介☆・~・☆・~・☆・~・☆ 「防水ショルダーバッグ」 外側の縫製部分はウェルダー加工、止水ファスナーを使用し完全防水仕様です。 底はキズによる水漏れを防ぐために二重底になっています。 水に敏感な精密機械の輸送にも効果を発揮! ショルダータイプのファッショナブルなデザインです。

詳しくはこちら⇒http://www.fukueisangyo.co.jp/waterproofshoulderbag

☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆

福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。 お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ! http://www.fukueisangyo.co.jp/ 福榮産業HP     http://fukuei.jp/index.html 中国工場紹介サイト https://www.cf-navi.fukueisangyo.co.jp/