抜き加工、プレス加工とは(Stanping)

圧力(Press)を掛けて加工するプレス機械の中に、上下一対の金型と呼ぶ工具を付け、その間に材料を入れて大きな圧力を加え、素材に金型の形状を写して成型や曲げを行う加工です。

外形を切抜いたり、穴を開けたり、圧力を掛けて切断し分離するせん断加工もプレス加工です。

二穴の穴開けパンチは、せん断加工の最たる例です。







お菓子の生地や野菜を型で星形に抜き切ることも同じ原理です。

連続的な加工を自動化させ易く生産性が高く大量生産に向いています。

加工品「表示ケース付属 硬質PVCスティック(固定表示用穴付)」


有資格証等の様に重要な資料をカバーする表示ケースに部品として付属の平板形状のスティックで、ケースに差して使用されます。

材料は硬質PVC塩ビで、プレス機と専用型により連続で抜き加工します。

抜き型で角は丸めており、キズ付けず容易にケースに差し通し出来ます。

また、両端の抜き穴で、ビスやL字フックで所定の位置に固定できます。

付属部品ですが、活躍してます。様々な大きさに加工出来ます。