レーザー彫刻加工とは

太陽表面の数倍のエネルギー密度を持つ、熱エネルギーと光の波を一点に集中させたレーザー光線によりアクリル板等の照射部分を一瞬にして溶融、もしくは蒸発させることにより、彫刻・切断などを施す技術のことです。

レーザー彫刻は摩擦に強く耐久性に優れているので消えにくく、半永久的に残る彫刻で、手彫で不可能な1mm以下の超精密な彫刻表現が可能です。

“レーザー(Laser)という名称”は、輻射の誘導放出による光増幅の頭字語です。

(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)