ルーター加工とは(Router)

















(ネットワーク通信機器のルーターではなく)機械加工用のルータとは、もともとは家具等の木工用工具としてくりぬき機というの意味を持ち、昨今は自動車や飛行機の部品加工、半導体の電子基板等、主に鉄よりも軽い素材の切削加工に用いられます。


ドリルの様な先端から側面に螺旋状の刃の付いた円形のビットと呼ばれる先端工具を回転させ、材料の穴開けや外周面をなぞる様に切削、溝切、座グリ、また、平滑面の切削が加工出来、ビットの太さや回転速度の調整で滑らかな切削面が得られます。


ルータは、データ入力によるNC(Numerical Control 数値制御)、直接データ送信によるCNC(Computer Numerical Control)と進化し、細かな精度の加工が可能です。