メルトブロー製法とは(不織布マスクなどの製法一例)


樹脂を溶融し紡糸ノズル周囲から噴射する高温エアで繊維を細くし集積します。

樹脂から直接シート化出来て効率が良く、風で延伸するので(1~10μm)径の細い繊維だけで構成される不織布を作ることが出来る製法です。