マグネットを作るのに必要なこととは

マグネット(磁石)を部品で使用することがあります。

マグネット材料を成型した段階では、まだ磁気を帯びていないので、

鉄にくっつきません。

磁気を付ける作業を「着磁」といいます。

着磁は強い磁界の中に放置することで進ませることが出来ます。

磁界の強さや方向、マグネット材料によって着磁させる磁力を

調整することが出来ます。






☆・~・☆・~・☆・~・☆商品紹介☆・~・☆・~・☆・~・☆

「ファスナー付クリアケース・リフィル」

オレフィン素材は本来キズやしわが付きやすい素材ですが、

平らな商品なのでキズやしわが付きにくいです。

PVC素材の梨地クリアなどに変更することも可能です。

本商品はシステム手帳サイズ、バイブルサイズ(工場実績)ですが、

ご指定のサイズで生産可能です。

詳しくはこちら⇒https://www.fukueisangyo.co.jp/clearcasewithzipper

☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆


福榮産業ではOEM製品を受注、生産しています。

お見積もり、ご相談お気軽にどうぞ!

https://www.fukueisangyo.co.jp/

福榮産業HP     http://fukuei.jp/index.html

中国工場紹介サイト https://www.cf-navi.fukueisangyo.co.jp/