プラスチックの電気的特性 『絶縁性』と『帯電性』

プラスチックの電気的特性 電気絶縁性(Insulation)

身近に使用されているプラスチックの特徴として、電気絶縁性Insulationが有ります。

PVC塩ビ、PPポリプロピレン、PEポリエチレン、PMMAアクリルなど汎用樹脂からスーパーエンジニアリングプラスチックまで、殆どのプラスチックが絶縁性を持ってます。









樹脂材料は基本的に絶縁性を持っており、絶縁性とは電気を通し難い性質を指し、電気を通し難い物質のことを絶縁体と呼び、電子部品を被覆することで、電気の流れを遮断し、漏電を防ぐ目的で使われます。






日々、見掛ける電線のチューブも、電気が外へ逃げない様にという目的で使用されます。


プラスチックの電気的特性 帯電性(Electrostatic)とは

殆どのプラスチックは電気を通し難い絶縁性という性質を持つ一方で、帯電し易い静電気が溜まり易いという性質も併せ以っています。

帯電=静電気と考えられてます。

電気にはプラス+とマイナスーの電荷が有り、+を集め易い物質、ーを集め易い物質が有り、プラスチックはーを集め易いと言われてます。

絶縁性のある物質は電気を通さない性質なので、放電することなくひたすら帯電した状態が続きます。

電荷が偏ってる状態を帯電、電荷が偏り動かない”静”の状態なので静電気と呼びます。












静電気は、使用環境、製品や機器によっては製品破壊やノイズ発生、ゴミの付着から事故や火災の原因にまでなる可能性があることから、添加剤により帯電防止や導電性を付与したタイプの材料も作られています。