ビク抜きとは

焼入れした鋼の刃物を抜きたい形状に曲げ、ベースの木型の切込に入れ込み必要な部位にゴムのストッパーを取り付けた抜型を、打抜き機の平鋼鈑にセットし、調整しながら圧力を加えて抜き加工を行います。

関東では、ドイツのビクトリア(Victoria)式平打抜きが普及しビク抜きと称され、関西では、少し早く1990年初期にアメリカで売られたトムソン(Thomson)型機械の普及によりトムソン抜きの方が馴染み深い様です。