バイオマス カーボンニュートラルとは

バイオマスエネルギーを燃焼させると二酸化炭素CO2が排出されますが、バイオマスの大元である植物は成長過程の光合成で大気中から同等のCO2を吸収することから、循環して再生され、大気中のCO2量を増加させていないと考えて良い性質のことを呼びます。


化石燃料に含まれる炭素は、二酸化炭素を増価させカーボンニュートラルでないとされます。