バイオマスプラスチックとは  Biomass-based plastic

再生可能な生物由来の資源(バイオマス)を原料としたプラスチックです。

例えば、トウモロコシやサトウキビの澱粉や糖ですが、大部分が搾りかす等の非可食部を原料に使用します。技術的には、木、米、生ごみ、牛乳からも製造可能とされてます。



再生可能なので化石資源の様に枯渇せず、原材料である植物が育成過程の光合成でCO2(二酸化炭素)を吸収することから、温暖化に影響するCO2(二酸化炭素)排出を抑制するとみなせるカーボンニュートラルという性質を持ちます。