バイオマスとは(資源として)  Biomass

枯渇性資源でない、生物が由来の生産出来る産業資源を指し、2002年に日本政府が定め2006年に見直されたバイオマス・ニッポン総合戦略では「再生可能な生物由来の有機性資源で、化石資源を除いたもの」と定義されてます。


石油等の化石資源は大量に使い続けると数十年後には無くなるかも知れないと叫ばれ、発生する二酸化炭素CO2等が温室効果ガスとなり地球を覆い、赤外線が大気圏外に逃げるのを妨げられて気温が上昇し地球温暖化や大気汚染による酸性雨など環境への影響が考えられています。

置換わる再生可能な資源として、バイオマスは温室効果ガス排出を削減出来ることを期待されます。