バイオプラスチックと普及目標とは

1980年代後半から地球温暖化が知られ、1995年から国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)が毎年開催されて、3回目は京都で「京都議定書」、2015年に「パリ協定」が採択されました。


パリ協定を基に日本政府では2030年のCO2排出量を2013年比△26%削減の方針を立て、環境省は2013年7万トン/年バイオマスプラスチックを2030年に197万トン/年までに普及を目標に掲げてます。