グラビア印刷とは  Rotogravure

印刷法にはハンコの様な凸版、凹版、孔版、平版と分類が有りますが、グラビア印刷は凹版印刷法の一種で写真凹版とも呼ばれ、版胴でインクの量を調整し色味の微細な濃淡が表現出来、写真や芸術印刷の陰影や質感等の再現性に優れ、世界各国でお札や切手にも採用されています。


ドイツのRotophoto社起源の印刷会社Rotogravurに由来し会社名が名詞化したものでRoto-回転、Photo-写真、Gravure-(フランス語で)版画を意味し、1970年代に雑誌で女性タレントを扱う記事が増えてグラビア印刷された写真ページをグラビアページ、モデルをグラビアアイドルと呼ぶ様になり、オフセット印刷の現代でも名残留めます。


鋼管製シリンダー上に施した銅メッキに印刷するデザインを腐食法や彫刻法でセルと呼ぶくぼみ(凹面)を構成させたロールが版胴で、印刷機のインク溜めからロールで版のセルにインクを満たしてドクターブレードで余分なインクを掻き落とし回転するシリンダーと圧着ロールで送られる基材にインクを移して印刷して乾燥させます。


微細な色彩の濃淡は凹面セルの幅と深さの調整と密度を変化させて表現されます。クロムメッキを施した版胴の耐久性と印刷速度の速さから大量部数に適します。