ポリプロピレン(PP)とは・・・

軽くて丈夫なポリプロピレンPP

略称PP(Polypropylene)は、プロピレンを重合させた熱可塑性樹脂で、炭素Cと水素Hから成る単純な化学構造でオレフィン系樹脂に属する、加工が容易で、使用範囲が広く、多用されてます。
水よりも軽く、機械的特性・耐薬品性が良く、ポリエチレン(PE)と同じ様な用途に使用されますが、ポリプロピレン(PE)に比べて耐熱性に優れています。

【ポリプロピレン(PP)の特徴】

image30.jpeg
image31.jpeg

樹脂の中でも最も比重が小さく、機械的強度・耐摩耗性に優れています。
汎用樹脂の中では耐熱性も比較的高く電子レンジでも耐えられます。

 

短所は、耐候性が悪く日光に当たると白くなることです。
接着剤が無く接着加工が困難で、印刷に不適合で印刷が必要な場合はコロナ処理が必要になります。膨張係数が大きく、熱による変化に弱い面もあります。

【ポリプロピレン(PP)の用途】

image29.jpeg
image28.jpeg
image27.jpeg
image26.jpeg

(成型品として)

  • パッケージング用フィルム材料・シート材料・PETボトルの蓋

  • 日用品ではゴミ箱、バケツ、タッパー、プランター、DVDケース、食品容器、おもちゃ、文具、家電製品、自動車用部品、包装フィルム

  • 工業用としては、電線ケーブルや光ケーブルの被覆材等建設用資材、注射器の材料等医療用資材としても活躍


(繊維形態として)

  • 繊維材料、カーペット、オムツ、ロープ、靴下、アンダーシャツ


ポリプロピレンPPはポリエチレンPEと性質が似て、数あるプラスチック素材の中でも最も幅広い汎用性のある素材です。