裁断加工

 

フィルムやシート材料等紙管に巻かれた長尺の生地を延反して、延反台で大断ちして重ねていきます。
重ねた延反を裁断機で所定の寸法に個断ちします。
大断ち、個断ち、化粧断ち等の断裁を指します。

裁断加工
平断加工
​紙断

大きな幅を持つ長尺フィルムやシートの原反を
刃物で連続切断(スリット加工)し、ロールや
リールに巻き取る加工です。

スリット加工
 

金型・刃型をセットした打抜き機により、材料を
所定の大きさ・形状に打抜く加工を指します。

打抜き加工
 
 

刃物の付いた抜型をビクトリア式抜機に取付け
型抜きする加工です。トムソン式とも呼ばれます。

ビク抜き
​トムソン抜き
 

金属を腐食させて製作された抜型を使用します。
エッヂング刃とも呼ばれます。

ピナクル抜き
 

両面テープやシール等の材料の抜き加工において、
台紙セパレータ(剥離紙)上にフィルムやシールを
ラミネータで貼合せ、刃型をセットした打抜機で加工します
セパレータ上でカットする加工をハーフカット(半抜き)
セパレータまでカットする加工をフルカット(全抜き)と呼びます。

半抜き
​全抜き
 

抜上りはビク抜きと同じですが、自動機で打抜きされつなぎ(トメ)が無い仕上りとなる加工です。

ダイカット抜き
 

木製品、紙、パルプ製品を断裁することを指します。

紙断